イボをレーザーで治す

いぼをレーザーで除去するとき痛みはあるの?

いぼを除去する方法にはレーザーで、まるごと取る方法や液体窒素の方法があります。レーザー治療は液体窒素に比べて痛みが少なく、早く確実に治したい人におすすめの治療法です。なんといっても、通院回数がとても少ないのが特徴です。いぼの除去の際に、麻酔を行ってから施術するので治療時の痛みはありません。特に炭酸ガスレーザーでは、ほとんど出血することなくいぼを取り除くことが可能です。大きいいぼは、細い針で局所麻酔を行ってから施術します、また、小さいいぼは麻酔クリームを塗ってからレーザーをあてます。傷跡もほとんど目立たずに、きれいに治ることが可能です。液体窒素での治療では、繰り返し治療を行う必要がありとても手間がかかります。また液体窒素では低温火傷をおこし、除去するので治療中に痛みが生じることがありますが、レーザーではその心配はありません。近年美容外科では、液体窒素と並び、人気の治療法の一つになっています。処置後、皮膚がへこんだ状態になりますが、皮膚を修復する薬を塗ることで日焼けや色素沈着から肌を守ることができます。完全に治るまでには数か月かかりますが、ほとんどほかの皮膚と見分けのつかない状態まで皮膚が回復します。