イボをレーザーで治す

ウィルス性のいぼはレーザーで取り除ける?

いぼができると肌触りがざらついたり、突起物に対する不快感があらわれますが、皮膚科のレーザー治療を受ければ、切除することができます。
ところで、いぼにはウィルス性の種類が存在しており、いぼの症状の大半が、ウィルス性が原因だとされています。
炭酸ガスレーザーという特殊な機器を用いて切除しますが、浅く照射すると根本の部分まで十分に取りきれませんので、再発する可能性があります。浅い症状であったり、取り除きやすい状態であれば、たった1回の照射でも完治できます。
再発をできるだけ抑えようとして奥まで照射して除去すると、傷の回復が遅れます。傷は自然治癒するのを待ちますが、抗生物質の軟膏を塗って、ガーゼをあてるのが一般的です。傷口の程度によるものの、約1ヶ月程度で治ってきます。
他の治療法に比べると、いぼの多くを取り除けますので、通院回数が少ないメリットがあります。しかし、完全に根本から取りきるのは難しく、奥の方から取り除いたとしても、再発する可能性が高いのが厄介です。
信頼できる治療を行ってくれる皮膚科を受診するのが、完治の確率を高めるコツです。その人の体質や症状の程度を確認しながら最適な治療法をアドバイスしてくれますので、よく話を聞いて判断しましょう。